【サークル向け】戦略的表現活動02

  • 2017-7-25
  • 【サークル向け】戦略的表現活動02 はコメントを受け付けていません。

先日公開した【サークル向け】戦略的表現活動01の続きをお話ししましょう。

先日も触れたように、ここからは「アーティスト志向」な方に向けた内容となります。
「クリエイター」「プレイヤー」「アーティスト」という三大音楽活動の中でも特に「頭大丈夫か?」的な人たち向けです。
ちなみに私も「アーティスト志向」です。
「アーティスト」の定義については上記のリンク記事を参照して下さい。

さて、先日はとにかく大前提としてそれなりの努力が必要だという話をしました。
まあ、これは何を目指すにしても必要な共通認識ではあるのですが、目指す道によってその内容が少々変わります。
どう変わるのかについては、これからお話しします。

まずは分かりやすい所から見て行きましょうか。
あなたが思う「人気のあるサークル」をTwitterでも良いので見てみましょう。
何かに気が付きませんか?
よく観察してみましょう。

フォロワー数が多い?
そんなもん参考になりません。
フォロワーが数万人以上もいてコミケでCD200枚売るのもやっとみたいなサークルも結構いるんだぜ。

 

じゃあどこを見るべきか。

 

そう、Tweet内容。これだけでいい。
そしたら何が見えてくるかって、これ。

 

彼らのアクティブな日常。

とにかく彼ら、日々忙しそうです。行動派です。
そうでないサークルで人気のサークルがあれば是非教えて下さい。
生き方の参考にしたい。

とにかく彼らはアクティブ。
面白そうなことがあれば何だってやるし、面白そうな人がいれば誰であろうと繋がろうとする。
失敗なんて恐れない。むしろ何度でも失敗する。
でも平然としている。
言わばリスクを恐れないポジティブな生き方をしているということです。
アクティブな人は自分と同じアクティブな人と繋がろうとします。
そういうもんです。

 

私が思うに、行動力の差はいつか結果に必ず出ると思うのですよ。
その行動力をあなたが興味のある分野全てに注いで行けば良いのです。
どんどんどんどん注いで注いで注ぎまくって。

―――そしたらめっちゃ忙しくなるでしょ。
その時になって初めて考えるのが、「効率化」なんですね。

最初から効率の良い方法ばかり考えてたら、いつまで経っても行動なんてできないのです。
案外バカでいいのですよ。

 

因みに「クリエイター」と「プレイヤー」を目指す人はこのやり方をしちゃダメです。
モノになりません(笑
もっとストイックに生きた方がよっぽど近道です。

「アーティスト」は逆に書を捨ててどんどん街へ出ないといけないのです。
そこで必要になるのが「行動力」ということなのです。

それではまた後日。

[AD]

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る